投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

車山高原のはちみつ蔵

イメージ
夏の真っ青な空に誘われて車山高原に。

なぜか、朝ごはんの友を求めてやってきました(笑)
ここは「はちみつ蔵」
色々な種類のはちみつが、壁一面に並んでいます。 ここのはちみつを、ヨーグルトに添えるのが好き♡
今日は地元産の百花を。

地元産のはちみつ、って…
はちみつが採れるほど、 花がわんさかと咲きまくり、 農薬も撒かれていない環境が必須、なわけで…
文字通り「自然の恵み」だな、と思うのです。

あとね。

はちみつって、情報量が多い感じ。(変な表現ですけど)

花の種類や、産地でも味が違っていて、 味わうと、その土地の花盛りの景色が目に浮かぶよう。

百花蜜、大切にいただきます(⌒▽⌒)。

二枚爪対策

イメージ
このごろ、ちょっと大がかりに片付けなどしようものなら、すぐ二枚爪になってしまう私。
「カルシウムが足りない?そんなわけないわよねぇ。」
なんて思っていたのですが

一番よくないのは、 パッチン!と爪切りすること、だそう。
爪って、 プラスチック板を重ねたような、 あるいは ベニヤ板のような、積層構造になっていて、

パチン!パチン!と切ると レイヤーが剥がれやすくなるそうで…(汗)

おすすめは 「ヤスリで削って短くする」のだそうです。

ヤスリ〜〜? やだ、面倒くさそう…
と、しばらく聞き流してましたけど、

あんまり二枚爪になるので 観念しました。

で。 都内の駅ナカで見かけたこれを導入。

4辺がそれぞれ、ヤスリになっています。 小さく数字が書いてあり、 1は目が粗く、4が細かい。 順番に使うと、ひとりで?にスクエア型に仕上がる、すぐれもの。


そして ポーチにも入るし〜、と、出張に連れて行ってみたら

これが大正解!
あり余る「特急あずさ」の乗車時間を利用したら、ストレスなく、のんびりキレイにできました。
もちろん、爪って伸びるので 定期的に削らなきゃ、なのだけど
毎週のように「あずさ」か「しなの」に乗ってるので問題なし♪
新たな移動時間の有効活用。 小さなことですけど、嬉しくてちょっぴりほくそ笑んでます。

長野の野菜「ぼたんこしょう」

イメージ
隣町の農家さん作、の「ぼたんこしょう」 長野県北部の伝統野菜です。
これ↓はピーマン

並べると、色も輪郭も違います(⌒▽⌒)。



ぼたんこしょうは 甘味もありつつ、激辛。 刻む時は、ゴム手袋装備が必須なんですよ。 (素手で触るとヒリヒリ…)

味噌・みりん・砂糖と合わせて 「ぼたんこしょう味噌」が定番ですが… 炒めると 目が痛い系の成分が揮発します。 換気扇を「強」で回して調理。 危険野菜でございます。(笑

辛いけど、 白ごはんとか、お豆腐のトッピングに合うんだな〜♡
な土曜日。

形がなくて、大きい小さいもないもの。

イメージ
こちらの、バーガンディ色のしぶーい手帳は、
お寺さんの檀徒手帳。

全然使ってないんですけど (←!?
欄外の「ひとこと」が気に入って、手元に置いてます。

特に気に入っているのが、来週のひとこと。


「命は形がないんです。
だから命には、
大きいも小さいもないんです。」


・・・言われてみれば当たり前。
でも、改めて考えたことがなく。
だからこそ、ハッとさせられました。


形がなくて、
大きいも小さいもないもの。

他にも、たくさんありますね。
大切なものが多いような気がします。

個人美術館って、面白い!

イメージ
このごろ、近場の美術館見学が面白いな、と思うようになりました。

もちろん、遠くの美術館も大好き!
というか、
今までは都内の駅で見かけるような、大型展示とか、

遠方に旅したときに
「せっかくだから」と、旅先の美術館を訪ねる、
といったパターンが多くて、


近場の美術館って、いつでも行けるので・・・
あまり目が向いていなかったのですよねぇ。。
※もったいなかった!

今月、見学したのは2館。

諏訪市の「サンリツ服部美術館」と
茅野市の「康耀堂美術館

この2館の共通点は「個人のコレクションを軸に展示していること」