シャツのセミオーダーを試してみましたのん。(Men's)



さすがの長野も暖かく、春めいてきた今日この頃。毎年季節が変わる毎に「あれれ~、何を着たらいいんだろう?着る物がなーい!」と、騒いでいるような気がします(汗)。40代半ばともなれば、若い頃と同じようなファッションにも、無理が出てきますわねぇ。

男性は女性ほど「着る物がない~」と、表だって騒ぐ方は少ないようなイメージ?あるのですが、ふと隣を見れば、主人も白髪率がアップしたな、としみじみ。。(悔しいけど、体型は若い頃とさほど変わってない。羨ましい!)

男性の「年相応の素敵な普段着」って、どんな風なんでしょ?
「何気なくて普通なんだけどオシャレ」っていうのがいいな~、と思いつつ、山梨の某ショッピングモール内の書店で、メンズファッションの本を全部チェック。カジュアルすぎるのとか、仕事着すぎるのは却下して、「素敵な普段着」と思えたのが、こちらの本。


9割の人が間違った買い物をしている 成功している男の服選びの秘訣40 (講談社の実用BOOK)成功している男の服選びの秘訣40 (講談社の実用BOOK)
宮崎 俊一

講談社 2012-12-14
売り上げランキング : 16106

Amazonで詳しく見る by G-Tools

書名を見ると「仕事服?」って感じなんですけど、内容は「平日にスーツを着る人が、休日カジュアルにどんなアイテムを選ぶべきか」の指南。オーソドックスな良質アイテムを、点数絞って揃えましょう、という方向性です。著者は、銀座松屋の紳士服バイヤーの方。

この本の中に
”オールシーズン活躍する<万能アイテム>のトップバッターは"長袖のシャツ"です。適正サイズ、適正デザイン、適正素材のものを選んでいただかなければ"万能"には機能しません。一切の妥協をせずに、お選びください。” 
”最初の1枚としておすすめなのは、ロイヤルオックスフォード生地の白のシャツです。襟はセミワイドカラーで、もちろん長袖です。”
…とありまして。

理由を読むと「なるほどね」と思えるのですが、夫にとって最初で最大の難関は「適正サイズ」。首回りが細い割に腕が長いのです。量販店にシャツを買いに行っても、一面にシャツが陳列された中で、ジャストサイズは3枚とかって事、よくあります。

著者の方がいる、銀座松屋あたりに行けば確実なのかな~。
でも、シャツ1枚で2万円くらいしそうよ?

なんて、ちょっぴり逡巡していたところ。

今は、ネットでセミオーダーできるシャツ屋さんが、ウソみたいに発達してるのですねぇ!
1万円弱でジャストサイズが作れるし。生地も180種類から選べるし。
ネットのニュースで偶然見かけた、Original Stitch というサイトを利用しました。
※リンクは紹介用になってます(ぺこり

ちょこっとスクリーンショット紹介。


最初に生地を選びます。色柄物を選ぶと、右側の完成イメージに反映されてちょっと楽しいのですけど・・・ここは白シャツ。残念ながらロイヤルオックスフォード生地はなかったので、こちらのサイトを参考にさせて頂きながら、「オックスフォード似」の生地をチョイス。



襟型も書籍のおすすめに従ってみました。セミワイドカラー。


…他にも「クレリックにする」とか「袖口の裏地を変える」とか、色々決める事ができます。
が、今回はオーソドックスに。

最後にサイズ(主に首回りと裄丈)を入力して完成です。
ネットのニュースで見た情報だと、国内工場で縫製されるとのこと。というか「長野と天草」なんですって。長野の工場・・・どこなんだろう?

これで、送料込みで約9,000円。
※初回特典が2,000円分あったので、今回は7,000円でした

通常3週間ほどで仕上がる、とのことで、今は仕上がりを待っているところ。
なので、生地や縫製についてはまだ何とも言えません(^^;。

ですが日頃、サイズ的にかなり選択肢が限られているので、「良さそうな生地やデザイン、どれでも選べるなら、この値段は"あり"かも。」なんて、ほくそ笑んでます。

縫い上がり品が届いたら、また記事にするかも。


今回利用したサイト Original Stitch ←こちらも紹介用リンクになってます(ぺこり

コメント

このブログの人気の投稿

「サーチャー」酒井美里のできるまで~最終話/その7

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その4

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その2