福岡では 「筥崎天満宮」 を覗いてきましたよ。

筥崎宮で有名なのは、元寇のエピソードと 「敵国降伏」の社号額。

そこも一応は見たのだけれど、
私的には、大楠が気になって仕方なかったー。

「何か住んでいそう」 っていうんですかね。
蔦のからまったところや、
枝の上に並んで生えているシダ植物など、
細かいところをいくら観察しても見飽きません。(変)

こういうのは「暖かい土地ならでは」ね~。
長野ではこうならないと思うんだわ。


コメント

このブログの人気の投稿

「サーチャー」酒井美里のできるまで~最終話/その7

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その4

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その2