読書 2016末-2017年始

この年末年始に読んだ本。(の一部)



日本美術、日本建築、古典文学、日本の思想。

もともと好きなジャンルではあるけれど、
今は、理論や系譜に興味が向いている。


西洋的な遠近法が、
古い日本画には存在しないのだけれど、

では日本画に遠近がないのか?というと、そんな事はなくて、
独自の表現があり、


表現が完成しており、
かつ、中途半端に西洋の影響を受けていない、
「地盤がしっかりした」 時代、というと
室町~桃山時代、という解釈があるらしい。面白い。



あとは身体と発声。

講習会のときなど、
マイクでも声を拾いにくい時があって、心苦しい限り。

もちろん、本を読めば声が通るわけではないですからね~(笑
1ヶ月ほど、練習に励みます。
(1ヶ月程度頑張れば、目に見えて変わるよ、と書いてあったので。頑張る!)

コメント

このブログの人気の投稿

「サーチャー」酒井美里のできるまで~最終話/その7

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その4

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その2