投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

[頂き物] デトックスなお茶

イメージ
先日、お客様から頂いた健康茶です。
パッケージの文字 「D」 は デトックスのD ~♪
内勤の友に、いただきまーーす。


えっと・・・

まず、効きそうな味がします!
何と言っても、ドクダミも入ってますし。

そして、

甘党グランプリ~No.4 桜井甘精堂「栗水ようかん」

イメージ
小布施に行ったら、私は桜井甘精堂派。
夏限定、栗水ようかんを買ってきました。

全部 「栗」 でできている、黄金色の水ようかん。


おいしさ ★★★★☆ (4.5)
→ 私は大好きなの!この栗水ようかん。
ただ、男性陣からは「甘過ぎ~」 って声が多いような。
そこは一応加味して 4.5。


もう少し甘さ控えめが好き、という方は 小布施堂がいいかな。
味も、色調もかなり違っていて、比べてみると面白いのです♪


くつろぎ  (無評価)
→  持ち帰って、自宅で頂いたので無評価で。

血糖上昇 ★★★★★
→  やっぱり羊羹。 しっかり 「糖分入りました~!」 って実感。

総合点 4.25
長野にお越しの際はぜひ!おすすめです♪

小布施見にマラソン完走~食べる方が忙しいw

イメージ
ハーフマラソン、完走してきました。

が、食べる方が忙しくて、
案の定【自己ワースト記録】を樹立(笑)


オレンジとかサクランボとか、
プチトマトとかお漬物とか、
きゅうりとかスイカとか、
リンゴジュースとかワインとか、
麦茶とかアイスクリームとか…


を、地元の方々がふるまってくださったので…仕方なし。(^-^)


全部写真撮って、
全種類を制覇したのは、この私です(照)

甘党グランプリ~No.3 長野電鉄・小布施駅の栗ソフトクリーム

イメージ
マラソン大会で訪ねた小布施町。
栗と葛飾北斎で有名です。

町内には栗ソフトクリームを出しているお店がたくさんあります。(和菓子屋さんとか、和菓子屋さんとか。)
今回は初挑戦。 「小布施駅のソフトクリーム」 。

夏のマラソン大会 in 信州・小布施町

イメージ
栗と北斎の町、県北部の小布施町に来てます。

明日は、早朝6:20集合、7:00スタートのハーフマラソン大会です。

長野といえども、やっぱり暑いので、早朝スタートになってます(^^;;

この大会、エイドで
スイカとか、サクランボとか、アイスクリーム、スイカ、すももなど…が振舞われるので有名なのです。

くふ、楽しみ~!

タイムの事は…もう気にしない☆

長話プロフィール 目次(全7話)

イメージ
photo credit: baerchen57 via photo pincc

本気で長話になりました(汗) 記事の続きから、目次です。

「サーチャー」酒井美里のできるまで~最終話/その7

イメージ
photo credit: B*_J via photo pincc


前職の上司・先輩・同僚、
みんなに 「無謀」 と心配された、調査事務所の開業。


まだ30代だったし、個人事務所だし、地方での開業だし・・・
不安材料を挙げれば、きりがありません。


そして、オットのロースクール入学=退職までの1年間で、
事務所を立ち上げるにあたり、大きな不安材料がもうひとつ。


前職には
 「退職者が新規開業等を行った際、会計上の透明性を担保するために、3年間程度は業務依頼を行わない。」という内部規定がありました。
(利益の付け替え、ととられるリスクを排除するためですね。この手の内規、大企業には結構あるのでは?と思います・・・)


つまり 「開業したら、全くの新規でお客様を探さなければならない」 ということ。
地方での開業で 「都内を足で回って営業」 みたいなのは、ほぼ不可能ですし。

どうしよう・・・?と思ったものの、
当面は、自分に今・できることを頑張るしかありません。

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その6

イメージ
photo credit: David Ortez via photo pincc


「韓国の本」が出た少し後、2つめの事件勃発。

オットが「ロースクール(法科大学院)に行きたい」、と言いました。
確か、当時40才に手が届くくらい、だったかな・・・?


ロースクールの修了年数は、通常3年間。
すごくラッキーなら、会社から「内地留学」で送り出してもらう方法もあるけど、
そうならない可能性もある。
そして、家には幼児が2人。


内地留学が認められなかった場合は、
私が単身働く・・・のよね? と思うと、
さすがに、とてつもなく恐ろしかったので、


さすがに 「ロースクールに行きたい」 と切り出された時は、泣いて説得し、
受験は思いとどまってもらいました。


が、私の涙の説得程度?では
「ロースクールに行きたい」 気持ちは、おさまらない様子。


1年後、再び「受験したい」 と。(うわーーー)


「サーチャー」酒井美里のできるまで~その5

イメージ
photo credit: tochis via photo pincc


2人目出産後に起こった、「2つのできごとのお話」 です。


ひとつは「書籍の出版」です。
韓国特許に関する本を出版しました。そのきっかけなどを。


2002年頃、私は韓国企業に関連する業務に携わっていました。


当時、韓国特許の情報源は「韓国以外では、ほぼ皆無」で・・・
世間一般では欧米系のデータベース(DWPIとか)で調べるのがまぁ常識。
タイムラグが10ヶ月とか、1年以上だった気がします。


その時の仕事では
「タイムラグが10ヶ月なんて、まだるっこしい!現地情報は手に入らないのーー?」
ってな状態になりまして、

どうかなぁ?と思いつつ、インターネットで探ったところ・・・

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その4

イメージ
photo credit: ntr23 via photo pincc

1995年の8月に、調査子会社に出向。
最初はサーチャーが5人ほどだったかな(他にも事務の方などがいらっしゃいました)。

仕事はコンスタントに流れておりましたが
「○月○日、×時から役員会だ!!」と、目を吊り上げてパワポ作り・・・みたいな事はなく、
数ヶ月は心穏やかな日が続きました。



心と身体は連動する、と言いましょうか。


出向して3ヶ月も経たないうちに、妊娠発覚!(え、えええーー!?)
・・・たぶん、強烈なストレスから解放されて、健康になったのだと思います。


あまりにも出向した矢先すぎて、
上司にも言いにくかったのですが・・・勇気を振り絞って報告。
予想外にも 「良かったねぇ!」 と祝福してもらい、へなへなと力が抜けました。



妊娠中は、出産直前まで 「食べられないつわり」 に悩まされたものの、
これといってトラブルなく、翌96年に女子出産。
(現在は「外見はお母さん、内面はお父さん似」の女子高校生%帰宅部に成長)


さて・・・妊娠中、うっすら(?)と気付いていたこと。

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その3

イメージ
photo credit: Telstar Logistics via photo pincc


ようやく 「一通り、知財担当の仕事ができるようになった・・・かな?」という4年目の春。


祝 ・ 結婚


ええと。オットとは職場結婚です。(照)

で、この結婚話を聞きつけた、研究開発部門から

「職場結婚じゃ、お互いやりにくいでしょ? うん!うちに来るといいと思う!」


・・・ありがたい(?)事に、速攻で持ち上がる転籍話。


しかし知的財産部からは

「せっかく技術担当として育ったのにーーー。」


大ブーイング。

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その2

イメージ
photo credit: GuySie via photo pincc


前職の会社・・・長野県諏訪市の「セイコーエプソン」という会社に、
滑り込みセーフで、拾ってもらった酒井。(あ、当時は旧姓でしたがね)


エプソンを受験した際、エントリーシート(かな?)の「希望する職種」欄には

第1希望 : ソフトウェア系
第2希望 : 知的財産系

と記入した覚えが。

「サーチャー」酒井美里のできるまで~その1

イメージ
photo credit: swisscan via photo pincc

ブログ移転してから、プロフィールとしては仕事ブログに「硬めのプロフィール」を載せてるだけでした。(そういえば・・・)

私が生まれてから、今までのお話を掲載します。既に40代半ばだけに!かな~り長い話になりそうです(笑)。 のんびりおつきあいください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


1968年11月19日に、母の実家のある岐阜県高山市で生まれました。
(実家&育った場所は長野県です。)


最初の子供だから、と里帰り出産したのはいいけれど、
長野と岐阜の間には北アルプスが聳えています。
その年は思いのほか積雪が多く、母と私はなかなか長野に戻れなかった、と聞かされています。(母はむしろ、のんびりできてよかったのかもしれませんね!)



両親と私、妹2人。三姉妹の女系家族で育ちました。

実家は今時珍しい専業農家。東京ドームの1.3倍ほど野菜畑があって、両親の若い頃は、連日トン単位(レタス1トン、とか)の野菜を出荷していました。そのためは春から秋の農繁期、とりわけ夏場は両親が忙しくて、夏休みの旅行の思い出も、海の思い出も一切ありません(笑)。
物心ついた頃は、本が友達でした。

甘党グランプリ~No.2 Starbucks JR東海 東京駅新幹線南ラチ内店

イメージ
今朝、長野を出てきて東京に。
そして今から、京都に大移動。

移動に備えて?糖分補給です!(きりっ)

東京駅新幹線改札内のスターバックス。
アイスラテと小さいチョコレートロールケーキです。


初体験!JR駅で「連続帳票」手渡された…

イメージ
「えきねっと」の予約が11件入っている、との事で…

駅員さん、おもむろに予約を「連続帳票」で出力。
確認用に、と手渡されました(汗)



…私、ちゃんと、スケジュール把握できてますよ?(笑)
駅員さん、予約件数見て焦ったんですねぇ(によによ)。


明日は東京、続いて関西3DAYSです☆

勝手に「甘党グランプリ」開催~エントリーNo.1 京橋千疋屋フルーツパーラー

イメージ
講習会の後は、大抵 「甘味処」 に転がり込んでます★
Twitterで 「糖分補給にゅっと(=フィンランド語の「なう」)」 って言ってるのがそれ。
色々行くので、記録を残してみることにします。題して「甘党グランプリ」

先週立ち寄ったのは、新宿・小田急百貨店の「京橋千疋屋 フルーツパーラー」 フルーツサンドを頂いてみました。

※ ★の数は、あくまでもサカイの主観です♪

ランニングクラブの練習日。

イメージ
今日は走らず、
ストレッチとメンテナンスの講習です。

マラソンは長時間、筋収縮と解放を繰り返す競技なので、
メンテナンスをおろそかにすると、筋肉が堅くなりやすいらしい・・・です。(ストレッチの先生談)

私はおきらくランナーなので、そうでもなかったけど、
練習量が多く、タイムの速い男性陣の方角からは

「ぐおぉぉぉぉぉぉお!」
「 い、痛ってぇぇぇーーーえ!」

と、叫び声が上がってました。(ひょえ~)


先生いわく、
カメラとか、楽器の趣味なら 「道具の買い換え」 とか 「複数持ち」 とかできるけど、

「自分の身体はひとつ。ずーっとつきあっていくんですからね~!」

・・・・ほんと、その通りだわ。
つい忘れがちだけど。
身体を鍛えつつ、大切にしてあげなくちゃです。